* 1954 リアリティは同調度

良く在る質問への回答1954 リアリティは同調度

〇質問 チャクラコーディネート(CC)セミナーで「五感を、特にスマホを控えめに、feelingを援用しましょう」と言われましたが、feeling重視では余りに曖昧で行動不能です。何故、極めてリアルな五感を、特に、超便利なスマホを活用するのがNGなのですか?

 

◎回答 勿論、それは個々の選択ですが、スマホに嵌りながらアセンションする事は不可能だからです。老婆心ながら警告しておきます。

 

全ては波動です。人間の真の意識は宇宙全体で在り、即ち、神と同等なのです。それが修行の為に物質界に、つまりこの地上にリアリティを持たせ、仮住まいしてきた。ですがそれも終了する時を迎えた。なので今、いったん故郷に還る計画なのです。

還るに際して、再度、故郷にリアリティを持たせなければならないが、リアリティとは同調度の産物なのです。そして現在、地上が最もリアルであるという事は、「三次元の帯域を出力して同等の波動を入力する」というやり取りの割合がMAXであるという事です。

 

ですから、メカニズムはいたって簡単です。地上系の出力を必要最低限とし、魂系の出力を可能な限り増やす。それだけです。宇宙はシンプルなのです。そして地上系の出力の大部分は「自動的」に眼に集中されている。肉眼が外部に捉えるモノは自家製の幻想なのだが、民衆は、それに最大の力を注ぎ込んで維持させるマッチポンプの愚行を繰り返している。それを止めねば地上のリアリティが継続され、上昇など在り得ない事は明白です。

 

人類は、オートマチックな、つまり潜在意識がボトムアップする視力偏重を直ちに止めねばならない。なので、極力目を閉じて肉眼でのエネルギー消費を控え、意識を自由にする必要が在る。自由にして魂に上昇させ、地上の様々な現象を俯瞰する様にしたいのだが、その最悪の妨害要素に成っているのが「超便利」なスマホなのです。

 

スマホは超便利かもしれないが、スマホで代用した能力は再獲得できません。人間の意識が魂に上昇した時、一つの全体の実相に還った時は全知全能に近い能力を、物質に特化した為に不能に成っていた能力を再獲得するのです。それが受肉の最大の目的の一つです。それを為す為に降りたのに「超便利」なスマホに夢中になって肉体と、つまりエゴと同一化して喜んでいる現状は余りに情けないではないかと、我々は警告しているのです。

 

繰り返しますが、リアリティは同調度で決まる。我々は今、魂の階層をリアルにして戻らねばならない時なのです。CCにはMSHという魂と繋がる技があります。真理は説明し得ず、体験できるのみです。なので、またセミナーに参加下さい。お待ちしています。

2017.05.22 Monday * 14:52 | よく質バックナンバー 1500〜 | comments(0) | -
Comment









<< 1953 Are you ready ? | main | 1955 全ては栄えるべくして栄え滅ぶべくして滅ぶ >>