* 1651 無為の意義と方法

良く在る質問への回答1651 無為の意義と方法

○質問 チャクラコーディネート(CC)セミナーでエネルギーワーク(EW)を実習する際、「何も考えず、極力脱力し、良い姿勢良い呼吸で!」と言っていましたが、相手に「良く成れ良く成れ」と念ずる施術者の愛が、何故、ダメなのですか?

 

◎回答 その訳は色々在りますが、掻い摘んで言うと、流れ抵抗に成るから駄目なんです。貴方が言う処の「施術者の愛」はエゴ愛に過ぎず、宇宙の愛では在りません。ヒーリング能は魂の特性であるから、幻想である地上の有象無象を介在させて歪めない事が最大の秘訣です。施術者は「魂の整流」に特化するのが一番です。兎に角、無為で在る事です。

無為であればEWを重ねるごとに魂と融合し、無条件の愛を顕現する様に成る。施術者は魂を地上に降ろし全てを癒すパイプに成ります。それこそがEWの真義であり、その結果、相手(ワーカー:W)の地上的都合がどうなるかは、二の次でしか在りません。

 

Wのエゴに応える事は、EWの目的では無い。魂の通路に成った結果起こる事は、全て必然であり魂の意図です。魂の意図を超える人格のそれは在り得ない。魂が肉体に宿らせた意識の延長部を引き上げると決めたなら、死ぬことが最善です。いのちは永遠なので在り、「死」は地上に於ける今生の修行の終了です。それなのに「何が何でも私がWを助ける」等と言うのは、ヒーラーのエゴでしか在りません。

ヒーリングとは、森羅万象に宇宙の愛を伝える手法です。分割された一部分(W)のみのバランスを自己満足的で加工するものでは無い。それを曲解しては成りません。

 

 無為で在る方法は、上記の様に「施術者のエゴを介在させない」事が大前提ですが、「肉体の流れ抵抗を最小限にする」〇と、「オーラの容量を最大限にする」∋が鍵です。

 まず,任垢、それは良い呼吸良い姿勢で、筋緊張を最小限にする事です。宇宙飛行士によって証明されましたが、「宇宙空間や月では人間の超能力は著しく増大する」のです。つまり、魂と接触し易く成るのです。これは集合想念の減少も関係しますが、抗重力筋が弛緩した効果が大きいのです。また肉体を一つの全体にしたいのですが、それにはCCがお役に立ちます。是非、またセミナーに参加してご質問して下さい。

 次の△蓮▲船礇ラシステムが、魂と直結するハートを中心に球体化される事で達成されます。その為には様々な手法が在りますが、まず、常に本音で語り、起こる事は全て必然と心得て傍観する事が必須です。地上に蔓延している二元性の価値観は、如何に建前で飾ろうと流れ抵抗でしか無い。それを知り、社会に属さずに居る事です。

 

 「この地上世界だけが唯一である」との誤解によって人類は堕落した。いまこそE・ケイシーの『物質は結果に過ぎぬ』に立ち返らねば成らぬ。EWは、それを助けてくれます。

2016.07.01 Friday * 04:51 | よく質バックナンバー 1500〜 | comments(0) | -
Comment









<< 1650 特別な者は居ない | main | 1652 存在そのものが神の灯 >>