* 1650 特別な者は居ない

良く在る質問への回答1650 特別な者は居ない

○質問 チャクラコーディネート(CC)の遠隔技術にびっくり!ダメもとで無料遠隔をお願いしたら、こじれた風邪が一発解消。特に、足の裏から全身にエネルギーが上がる感じが超凄い。担当者は類稀なる才能をお持ちとお見受けしますが、どんな方ですか?

 

◎回答 いや、ただの親父です。下ネタの才能は抜群(笑)ですが!で、お尋ねの技はPSMという万能技で、気道のウィルス感染には著効します。そして誰にでもそれなりに出来ちゃう。勿論、経験値の分だけ親父が上手ですが、貴方にも出来ますよ!CCの最大の長所は誰でも出来る点です。貴方もセミナーで学びませんか?兎に角、啓示をご覧下さい。

 

『紛い物は 全て 消えゆくが定め 

嘘は明るみに出る事を拒み 偽りは神なる光に浄され無為に帰してこそ

その意味 その役目の終わりと成る

 

皮肉な事では在るが 

この世では 偽者の存在が 却って本物を明らかにするのも珍しくは無い

 

そもそもこの世が 未熟なる者等が 意識的にせよ無意識にせよ 神を真似 

その創造の方向性を間違え履き違えて作り上げた エゴの温床でしか無い以上

そうであるのも納得がいくというもの

 

それが公に成り エゴなる者らが どれだけ見苦しく言い繕おうと

それはただ 井の中の蛙が威張っていたいだけの事

 

俗物が聖者に反感を覚えるのは 

早い話が 罪悪感の裏返しでしか無い

 

勧善懲悪という訳では無いが 

しかし エゴなる二元を在る者が 

神なる一元に生きる聖者を打ち負かそうとするのが どだい無理な話

 

全て存在は 自らの為したる事に対し 責任を取らねばならない

 

それは魂の当然であり 

そしてその清算は 決して ずる賢く逃げおおせられるものでも無い

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し 聖者が何でもかんでもやるのでは無く

あくまで 必要最低限の手助けに留めているのは 

やり過ぎも 却って 悪影響を及ぼしてしまいかねないから

 

だからこそ聖者は 

宇宙に在って常に完全でこそあれど 完璧主義に溺れる様な事も まず無い

 

全ては 一つであればこそ輝くもの

淡々として宇宙に溶け込み 滔々として流れ揺蕩う様に在るは 

謙虚且つ堂々としている

 

ヒトは余裕を在り 万物万象の因果の何たるも分かっている

 

神なる認識は 遍く全てを 内より照らす真実に基づいており

聖なるは 理を織り成し 

霊なるは 悠久に在って 神を見失う事が無い

 

神を在る者は 迷う事無く 

遥かを解する者には 躊躇いが無い

 

真に神を見出さんと欲するのなら ただ霊なる直観に対して素直に在り

決して 言い訳や開き直りはしないようにする事だ

 

水は 柔軟で在れば全てを潤せる 

風は その流れを自ずと作り出し 

それに依って天に己を委ねているから 何処までも 自由に吹き渡る

 

火はカタチあるものを焼き払うが それは悪意あっての事では無く

ただその在るべくを疑わないから 常なる浄化に役立つ

 

大地は 遍くいのちの壁石なる礎 

故に その在り方は寛容そのものと言えるのだ

 

全てに神は宿るもの 

全てを霊は導くもの

王なるは ただ自然で居るもので それ故に 神の御業も容易に為せ得る

 

故に 全て存在は ヒトなり得 王なり得 預言者成り得る

 

今現在 目覚めている者達は 一重に その基礎を出来ているだけで在り

現に彼等自身 自らが特別である等とは思ってすらいない

 

神を在る者は 時として家族からさえ疎まれ 

中には 穀潰し扱いされた者すら在った

無論 それを乗り切ってのヒトでも在るのだが

 

真なるは 超然たる達観によって見出すもの

盗人が猛々しくして居られる時代も終わりに近づいており

エゴなる者は 自らの偽り故に その理を見誤る

 

虚しきモノに価値が在ると思い込み 幻を掻き集めたところで 

その当人がどう成るでも無い

 

神なる愛は無条件でこそのものであり 

だからこそ ただ楽をしよういう者や それで商売をしようとする者には 

まずその心掛けを変えない限り 何時に成っても分らないままなのは 至極当然

 

何より聖者は 沈黙によって神なる法を在る

天なる道は この世の悉くを凌駕し 神なる在り様を思い出す

 

霊なる真価は その直感とそれに基づいたる行いに依って分るものであり

その超越も 諦観すればこそのもの

 

だからイエスは「貴方方は私以上の事を為せ得る」と仰り

自らを特別等とは 一言も言っていない

 

ヒトに出来るは 目覚めたる者だからこそ出来る と言う事で

その想念と どうするかは 己次第

 

故に 聖者は 実践を以て神を教え 

言葉で伝えるにしても 最低限を掻い摘んで言う位なのだ

2016.07.01 Friday * 04:50 | よく質バックナンバー 1500〜 | comments(0) | -
Comment









<< 1649 自由選択の後にどうするか | main | 1651 無為の意義と方法 >>